輸入代行の魅力

化粧品輸入代行とは、海外の化粧品を輸入する際に必要な手続きなどを行ってくれるサービスです。現在では、お店から個人までが輸入をして販売できる方法が多く見られ、日本にはない魅力的な商品が扱われるようになりました。しかし輸入をするにはそれなりの知識が必要で、特に化粧品は薬事法が関係してきます。この薬事法への手続きがスムーズに行っていけて、そして安全を求めた成分分析も化粧品輸入代行サービスで受けられるのです。 このようなサービスを利用すれば、負担なく商品を販売していくことができます。化粧品の輸入に大きな負担が強いられていては、営業自体に集中することはできません。化粧品の素晴らしさを多くの人へ伝えていくためにも、その営業に力を入れるとともに快適な輸入を行っていけます。無理のない販売方法で、効率の良い仕事が実現できるのです。

この化粧品輸入代行にかかる費用は、まず薬事法の成分チェックとして1製品につき1,000円が主です。そして成分分析を行う手続きが、1製品につき10,000円で実際に成分分析をするのが8,000円〜25,000円が相場となります。そして法的届けに関しては、製造販売届けが1件につき5,000円で、輸入届けも同じく5,000円です。 また、輸入通関手数料に関しては、最低でも10,000円〜15,000円は必要です。その他にラベル作成は1件につき3,000円、その他の商品管理はだいたい1,000円〜3,000円という費用です。 このように化粧品輸入代行は、1つ1つの項目に費用が細かくかかってくるので、事前に問い合わせておかなければいけません。あらかじめ余裕を持って、サービスを受けていくことでスムーズにいきます。